ちいさな宝箱

plus234.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ごはん( 100 )

梅味噌でゴーヤ炒め

b0155794_15190426.jpg

梅味噌がいい具合にトロンとしてきたので味見してみたら、梅の酸味が効いた、美味しい甘味噌になっていました。
まず始めは、庭のゴーヤで味噌炒めに。今度は、ナスにもあわせてみよう。
[PR]
by fumiyo_n | 2015-08-06 15:18 | ごはん

わが家の糠漬け

b0155794_12565292.jpg


わが家の糠漬け。

毎日、庭でとれたキュウリやらナスやらを漬けています。
毎日漬けると、味ものってきますね。
我ながら、おいしい糠漬けに育ってきたなぁ・・・なんて思ったり。

糠漬けは息子も大好き。
私が糠床の容器に手を伸ばすと、踏み台をヨイショヨイショを押してきて、のぞきに来ます。


b0155794_12543901.jpg



蓋をすると、こんな感じです。
野田琺瑯のぬか漬け美人の大きい方。


b0155794_12552706.jpg

冷蔵庫にも入れられるように考えられた形状ですが、わが家の定位置は台所の棚の上段。
いつでも目に入って、簡単に手が届く位置。

スッキリした見た目。
かきまぜやすい形状&大きさ。
サッと手に取りやすい取っ手。

私にとっては、満点のぬか漬け容器です。

会社勤めしていたころは、小さめのタッパーでぬか漬けを作って、冷蔵庫を定位置にしていましたが、小さいと場所をとらないかわりにかきまぜづらかったので、場所に余裕があれば、大きいサイズの方が、個人的にはおすすめ。
[PR]
by fumiyo_n | 2015-06-23 12:53 | ごはん

なめたけ

b0155794_05050847.jpg

前にもブログに載せたことがあると思うけど、またまた、なめたけ。
夫と息子のお気に入りなので、わが家の定番常備菜。

ごはんにのせたり、おむすびの具にしたり、納豆なめたけスパゲティにしたり。
冷蔵庫にこれがあると、心強い。
[PR]
by fumiyo_n | 2015-06-07 05:04 | ごはん

牡丹餅

b0155794_17505018.jpg

今日は、お父さんのところにみんなで集まって、お墓参りと、ジャガイモの植え付けと、お父さんのお誕生日会。

早起きして、牡丹餅をたーくさん作りました。

b0155794_17555771.jpg

お稲荷さんもたーくさん。

それから、写真は取り忘れちゃったけど、お赤飯のおむすびもたーくさん。

みんな、モリモリ食べてくれて、頑張って作ったかいがありました!
[PR]
by fumiyo_n | 2015-03-21 17:50 | ごはん

もっちりクレープ

b0155794_16124592.jpg

今日のお昼は、クレープ。

先日、夫と、子供の頃に好きだったごはんの話をしていたら、土曜日のお昼はホットケーキが定番で、学校から帰ってきて、ホットケーキを食べるのが楽しみだったという話を聞きました。
あたたかくて、ふんわりとした思い出。そういうの、いいよね。心の宝物だと思う。

そんな話をしたので、土曜日のお昼は、子ども達が喜びそうなものを作ってあげたいな…って思って、今日はクレープに。
ホットケーキがいいかな…とも思ったのですが、先日のキャロットラペをクレープでクルンと巻いて食べたら美味しそうだったので。

子ども達は、小さめに焼いた方が食べやすいようなので、小ぶりなクレープをたくさん焼きました。
キャロットラペやバナナを巻いたり、なんにも巻かずにそのまま食べたり(もっちりして、美味しい生地なんです)。私はおから煮を巻いてみましたが、予想以上に?!美味しかったです。
[PR]
by fumiyo_n | 2015-02-28 16:12 | ごはん

レーズンかぼちゃ

b0155794_14571789.jpg

わが家の定番常備菜、レーズンかぼちゃ。
今日のは、きなこも入っています。

マスタークックを使って、ほんの少しの塩を加え、わずかな水で蒸し煮にしたかぼちゃはとっても甘い。これにレーズンを加えたものが、子ども達の大好物です。
そのまま食べても、パンに合わせても。
[PR]
by fumiyo_n | 2015-02-16 14:56 | ごはん

炒り大豆ご飯

b0155794_10492124.jpg

昨日の炒り大豆で、今朝は豆ご飯。

ほんのり塩味のご飯に、大豆の自然な甘みが美味しい。
息子が、すごい勢いで食べたうえ、さっきも食べたがったので、おむすびにしてあげました(いつもは、午前中のおやつは食べないのだけれど)。
一方、娘は、普通のご飯の方がいい…とのこと。夫には、おむすび弁当にしたのだけれど、どうかな…?
[PR]
by fumiyo_n | 2015-02-04 10:49 | ごはん

昆布の佃煮

b0155794_13222073.jpg


今日から幼稚園の三学期が始まり、娘は嬉しそうに登園していきました。
息子は幼稚園バスを見送った後、「〇〇ちゃん、いっちゃったねー」と少し寂しそうでしたが、母としては一安心。
これで、ようやくいつもの毎日に。

家に帰って、まずは昆布の佃煮作りを。
出汁をとった昆布や干し椎茸を冷凍庫にためておいて、ある程度まとまったので作ろうと思いつつ、年末年始は慌ただしくて。

細切りにした昆布と干し椎茸に、しょうゆ(大地を守る会の「みのり」を使っています)、味の母、酢(富士酢)で調味し、水を加えて圧力鍋で。圧がかかったら、3分程で火を止めて、圧が下がってから蓋をあけて、程よい水分まで煮飛ばしました。
甘辛味にお酢がほんのり効いていて、ごはんがすすむ常備菜のできあがり。


b0155794_13231379.jpg


佃煮を作りつつ、洗物やパン作りをしていた私の背後で、息子はお絵描きをしていました。
始めのうちは、「パトカーかいて!」とか、「ぐるぐるぐるぐるー」なんて言いながらかきかきしていたのに、ふと気が付いたら静かなので振り返ってみると、壁が!!

紙の他には書いちゃダメだよと叱られてベソをかいていた息子でしたが、出来上がった佃煮を味見している私を見るや、「たべたい!たべたい!」と。一切れあげたら「もっと!」コールが止まらず・・・
もう早めのお昼にしちゃおうと、ごはんにのせてあげたら、すごい勢いで食べていました。


b0155794_13233390.jpg


佃煮作りと並行して作った、酒粕酵母のフォカッチャは、子供達のおやつに。

さて、そろそろ息子をお昼寝から起こさなきゃ。
[PR]
by fumiyo_n | 2015-01-09 13:54 | ごはん

たとえばこんな

先日のブログで書いた常備菜。
たとえば、こんなものを・・・

b0155794_11182428.jpg

さつまいもを煮たもの ・・・お芋がおいしい季節になってきました。


b0155794_11362767.jpg

おいなりさんの皮 ・・・お弁当に重宝。



b0155794_11365866.jpg

ミニトマトソース ・・・ピザに。パスタに。



b0155794_1139777.jpg

寒天ゼリー ・・・この夏、繰り返し作った梅シロップを使った寒天ゼリー。



b0155794_11412179.jpg

茹で小松菜 ・・・こちらも、お弁当に重宝。私は何にもつけずにいただくのも好き。



b0155794_11415575.jpg

厚揚げ煮 ・・・お豆腐と油揚げに見えますが、厚揚げなんです。厚揚げの中身だけ食べたがる娘のために、こんな風に切り分けて煮ています。お豆腐を煮たのと、厚揚げを煮たものの中身とは、娘にとっては大違いで、厚揚げの方がだんぜん好みのよう。


他にも、キンピラいろいろ(ごぼうとか、レンコンとか、ピーマンとか・・・)、切り干し大根の煮もの、ひじきをサッと炒めたもの、カボチャの水無し炊き、などなど。

イワキの耐熱ガラス保存容器は500mlを2つ、1300mlを4つ持っていますが、今のところ、わが家には容量も個数もちょうどいい具合です。
冷蔵庫の中に、このガラス容器がいくつか入っていると、とても心強い今日この頃。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-09-15 11:57 | ごはん

常備菜

b0155794_1152398.jpg

子供が生まれて、3週間近くは一家そろって実家でお世話になっていました。
その後、自宅に帰ってきてしばらくしてから始めたのは、週末のまとめ買い&宅配(宅配は以前から利用していましたが)、そして常備菜を作り置く習慣。
子供が一人の時も、常備菜を作り置くことは時々ありましたが、二人になってからは、常備菜が必需品に。

食事のたびに一から準備しなくていいのは、本当に助かりますし、私と娘だけの食事なら、常備菜だけで済ませてしまうことも多々。それに、毎朝のお弁当作りでも常備菜は重宝しています(「あー!もう時間がないっ!」という時は、常備菜だけのお弁当になることも・・・)。

しばらくは手持ちの保存容器で済ませていましたが、日々の暮らしに欠かせないことなので、気に入った保存容器をそろえることにしました。
あれこれ迷って、最終的に決めたのはイワキの耐熱ガラス保存容器。
決めては、
 ・ パッと見て中身がわかる
 ・ 熱や酸に強い
 ・ スタッキングできる
 ・ 並べた時の見た目が美しい
といった点。

この容器、蓋が白いものってなかなか見つからなくて、私は フライパン倶楽部 で購入しました。

単純かもしれませんが、新しい台所道具って、料理意欲が刺激されますね。必要に迫らせて作っているというのが一番の理由ですが、この容器に詰めたいという気持ちで作っているという側面もあるように思います。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-09-08 11:25 | ごはん