ちいさな宝箱

plus234.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧

松飾りと松ぼっくり。そして感謝の気持ち。

b0155794_1304720.jpg一昨日&昨日と、夫が庭の木々の剪定をしてくれて、新年を前に、庭がこざっぱりしました(といっても、たった2日間では全ての木々の剪定が終わるわけはなく・・・まだモサモサのところも多々有です。それは、またそのうち、ね。)

剪定した松で、お正月用の松飾りを。
昨日、夫が庭の入り口にあるアーチの両脇に取り付けてくれました。

地産地消の松飾り、ですね。

b0155794_13125850.jpg松の木を剪定したら、たくさんの松ぼっくりが収穫(?!)できました。捨てるには、なんとなく忍びなくて・・・工房(父の。みのむし工房といいます)入り口に置いてある切り株に、並べてみました。やっぱり、かわいくて捨てられない・・・

今年も、たくさんの素敵な方々との出会いと、ありがたい機会に恵まれました。心より御礼申し上げます。

2010年が、みなさまにとって心穏やかで幸多い一年になりますように。


[PR]
by fumiyo_n | 2009-12-31 13:17 | いろいろ

武蔵五日市七福神 ~ 元旦から3日まで御開帳 ~

b0155794_12354141.jpg平成22年の新春「武蔵五日市七福神」が誕生します。

明日の元旦から3日までが、初の御開帳となります。

武蔵五日市駅をスタートして、お寺や地蔵堂を巡り、7つ目のお寺の徳雲院さんの後に、瀬音の湯で一風呂浴びて・・・というのが、モデルコースのようです。

健脚な方なら、徒歩で3時間くらい。
新春から、いい運動になりますね。

b0155794_1243554.jpg実は、徳雲院さんに納められている寿老人(長寿を授ける神様)は、ご縁があって、父が作らせていただきました。

そして、更なるご縁が重なって、青木屋さんで、元旦~3日まで、彫刻の展示&販売をさせていただくことになりました。
青木屋さんでは、七福神巡りの方々に向けて、甘茶の無料サービスも行われます(夏に開催されたヨルイチでも、歩きつかれた方々に甘茶サービスが大好評でした)。

運動不足解消に、お正月は武蔵五日市七福神巡りをなさってみてはいかがでしょう。
その際は、休憩がてら、青木屋さんにもぜひお立ち寄り下さいませ。



【武蔵五日市七福神】
URL http://www.itukaiti7.net/index.html

【青木伸行商店】
東京都あきる野市五日市880
042-596-0032
※ 本業は燃料屋さんですが、骨董屋さんとしても有名です(時折、TVでも取り上げられています)。
  特に、壁掛け時計がたーくさん!
  桧原街道に面した店舗の奥にも、すばらしい作りの建物があって、
  そちらにも時計や、昭和レトロな照明や、鉄瓶(これは新品かも)が展示されています。
  骨董好き、日本建築好きの方におすすめです。
[PR]
by fumiyo_n | 2009-12-31 13:00 | いろいろ

今年最後の柚子マーマレード

b0155794_12224552.jpg

今年最後の柚子マーマレード。
この冬、何回目だろう??

28日の朝から、せっせと作りました。

柚子にしたら、いくつだったかな、結構な数でした。
今回は3瓶分できました。

夢中で刻んだり、果汁を絞ったりしていたら、
うっかりしてゴミ出しの時間に間に合わなかったという、オチ付です。
(今年最後のゴミの日だったのに。トホホ・・・)

ティースプーン山盛1~2杯の柚子マーマレードに、
熱湯を注ぐと柚子茶ができます。
レッスンでお出ししたこともあったのですが、なかなか好評でしたよ。
寒い日、ホッと一息いれるのに、たまにはこんな変化球もいいものです。
[PR]
by fumiyo_n | 2009-12-31 12:29 | 保存食

お餅つき

b0155794_1254332.jpg昨日は、祖母の家に親戚中が集まって、お餅つきをしました。

今年は、全部で14臼つきました。

夫は、お餅をついたのは幼稚園以来(!)だったのですが、6臼もついて大貢献!
私は手返し担当でした。

b0155794_1283123.jpg今朝、お餅を切り分けて、早速焼いて食べてみました(磯部もちにしました)。

自分達でついたということもありますが、やっぱり美味しい!
やわらかさ、モチッとさが、違うように感じました。

すぐに祖母にも電話をして、美味しく食べているよという報告と、御礼の気持ちを伝えました。

お正月にお雑煮にするのも楽しみです。

[PR]
by fumiyo_n | 2009-12-28 12:12 | いろいろ

日々花さんのリース

b0155794_838185.jpgcorocoroさんからいただいた、和の花 日々花さんのリース。

すごーく素敵でしょう?

今は茶箪笥の上に飾っているのですが、Plusのお客様にも大好評です。
遊びに来た母も絶賛していました。

b0155794_8461682.jpg木箱に入ったタイプのリースって初めて見ましたが、リースが引き立つ額縁のような効果を発揮しているように思います。

それに、木箱があると、吊るさずに壁に立てかけるスタイルでも様になるんですね。

木箱の色合いが、床や箪笥の色合いと馴染むので、この古~いおうちにもしっくりきます。

b0155794_850942.jpgアイボリーと淡いグリーンがシック。
そして、質感はふんわりと優しい。

色合いも、素材感も、とーっても好みです。
もう、ど真ん中。

b0155794_855046.jpg
飾る場所や季節を選ばないように思います。
椅子に立てかけて、部屋の片隅に飾っても、いい雰囲気でした。

きっと、一年中、わがやのいたる所で活躍してくれるように思います。
ずっと大切にしますね。

暖かいお心遣いを、本当にありがとうございました!

[PR]
by fumiyo_n | 2009-12-26 09:05 | いろいろ

1月レッスンスケジュール

1月のレッスンスケジュールを、HPにアップしました。

ご都合が合う日程がございましたら、
ぜひいらして下さいね。

コトコト煮込んだ暖かいスープと、
焼きたてパンを用意して、
お待ちしております。
[PR]
by fumiyo_n | 2009-12-25 13:46 | パン教室

カンパーニュレッスン、はじめます

b0155794_125223.jpg

お待たせしました!
1月から、お食事パンレッスンにカンパーニュが仲間入りします。
(HPにもアップしました。)

何度も繰り返し作ってたどりついた配合&製法の、
自信をもっておすすめできるカンパーニュです。

しっかりと焼きこんだクラスト(パンの皮)と、
しっとり&もっちりした瑞々しいクラム(パンの中身)。

そのままでも、十分美味しいけれど、
何かと合わせると、1+1=2以上の美味しさに出会える。

主張が強すぎない。
けれど風味豊かで深い味わい。

そういうカンパーニュがお好きな方には、
きっと、気に入っていただけると思います。

ご興味をお持ちいただけましたら、
ぜひ、レッスンにいらして下さいね。

よろしくお願い致します。
[PR]
by fumiyo_n | 2009-12-25 12:55 | パン教室

餅つきの準備&「おばく」作り

b0155794_1145877.jpg東京都桧原村にある、祖母の家に行ってきました。

祖父が元気だった頃は乳牛を飼っていたのですが、牛舎兼納屋は、今でも、ほとんどそのままです。

b0155794_11465656.jpgまるで、時間が止まっているかのよう。

小さい頃、よく遊びに来たなぁ・・・

当時は、生まれた子牛は牛舎の一番奥で育てていて、そこまで行くには、大人の牛の脇を通っていかなければならなかったのですが、子供の私にはそれが怖くて・・・でも子牛は見たいし・・・と、葛藤していた記憶があります。

b0155794_11523373.jpg今回、祖母の家に行ったのは、日曜日に行われる餅つきの準備をするため。

母と一緒に、掃除をしたり、餅米を研いで浸水させたりしてきました。

b0155794_11541154.jpgそれから、また「おばく」作りを教えてもらいました。

前回は6月に教えてもらったのですが、その時よりも、全体の流れがわかっているせいか、少し落ち着いて習えたように思います。
火加減のことなど、前回は全く意識していませんでしたが、今回はそのあたりのことも教えてもらいました。

祖母の手作りものは、「おばく」をはじめ、うどんやお饅頭なども、わりと適当に見えて、結構繊細といいますか・・・その加減が、何度も経験しないと身につかないように思います。分量や時間を覚えるよりも、状態を覚える感じかも。

来年の今頃には、一人でも炊けるようになりたいな。

b0155794_1157593.jpg炊き上げた「おばく」は、夕ごはんに味噌おじやにしていただきました。

とろん&プチプチとした麦の食感が、とっても美味しかったです。

昨日はクリスマスイブでしたが・・・とっても「和」なメニューとなったのでした。

[PR]
by fumiyo_n | 2009-12-25 12:02 | ごはん

餅を焼くならこれ

b0155794_94564.jpg

お餅はこれで焼くと美味しいですよ。

トーストも、極上の焼き上がりになります。

しかも、パンを冷ますケーキクーラーにもなるし、
発酵中の生地にふきんが直接つかないようにする
便利ツールにもなります(脚が高いので)。

とってもおすすめです。
[PR]
by fumiyo_n | 2009-12-24 09:07 | おやつ

ストーブでおしるこを作る

b0155794_920284.jpg

コトコトコトコト・・・

小豆を煮ています。

美味しい玄米もちをいただいたので、
おしるこを作ろうと思いまして。

部屋が温まるころには、おしるこもできあがる予定です。



≪ 「おしるこ」と「ぜんざい」の違い ≫

【関東圏】
汁っけがあるのが「おしるこ」
汁っけがないのが「ぜんざい」

【関西圏】
小豆の粒が残っていない(≒こしあん状)のが「おしるこ」
小豆の粒が残っている(≒粒あん状)のが「ぜんざい」


・・・ということで、ここは関東ですから、今作っているのは「おしるこ」。
けれど、関西に持って行ったら、「ぜんざい」って言うのでしょうね。

北海道や東北や九州などでは、どんな区分になっているのかな。
[PR]
by fumiyo_n | 2009-12-23 09:29 | おやつ