ちいさな宝箱

plus234.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ヨルイチ2010

b0155794_8284319.jpg
ヨルイチに行ってきました。
まだ明るいうちから、桧原街道をブラブラと。

こんな大きな亀さんもいました!


b0155794_8285842.jpg
カメラを向けると、なんだか不機嫌そうなお顔・・・
人ごみにつれてこられて、イヤだったのかな(それとも、モトモト??)。


b0155794_8303618.jpg
秋川牛の体重当てコンテスト、なんていうのもやっていました。

夫と私も、もちろん参加してきましたよ。


b0155794_8314783.jpg
近くで見る牛さんはかなり大きくて、全く何キロなのか検討もつきませんから、
当然あてずっぽうですけれど。

それにしても・・・
この牛さんの将来を考えると、切ない気持ちになってしまった私です。
そのために育てられているとはいえ、やっぱりねぇ・・・


b0155794_8342147.jpg
そうこうしているうちに、歩き始めた頃は、まだ明るかった空も・・・


b0155794_835595.jpg
徐々に夜色に染まり始めてきました。

青木屋さんのところで「みのむし工房」として出店している両親のところに、
街道沿いのお店で買い求めた美味しそうなものを届けがてら立ち寄りました。


b0155794_8392941.jpg
写真が暗くて見づらいのですが・・・
こんな感じに展示&販売をさせてもらっていました。

青木屋さんのところでは、「おもしろ市」と称して、
他にも古い着物を並べるお店や、雑貨屋さんなども出店なさっていました。
恒例の甘茶サービスもあって、かなりの人でにぎわっていましたよ。


b0155794_841529.jpg
さて、ヨルイチで私が買い求めたものは、
楽しみにしていた「たなごころ」さんのパン。
「ハイジの白パン」というパンを選んでみました。

お店の方も、親切で、丁寧にパンの紹介をして下さりました。
ぜひ店舗にもうかがいたいです(と、ずっと前から思いつつ、なかなか実現しないのですが・・・)。


b0155794_843334.jpg
それと、「ギャラリー三内ハウス」で玄米を中心としたお食事を出している方が作った「玄米パイ」。
これは、偶然、目に飛び込んできたのです。
気になってお話をうかがってみて、「ギャラリー三内ハウス」のことを知りました。

「ハイジの白パン」&「玄米パイ」は、これから夫と食べてみます。
どんなお味かな??
楽しみ!


去年のヨルイチは、終始、「みのむし工房」の店番に勤しんでいたので、
ヨルイチそのものを楽しむ余裕はあまりなかったのですが、
今年は、両親が夕ごはんを食べている間に店番していただけで、
あとは、街歩きを存分に満喫できました。
道中、友人・知人や、教室のお客様にもたくさん会えて、それも嬉しかったです。

夏の夜の、いい思い出ができました。
[PR]
by fumiyo_n | 2010-08-29 09:00 | おでかけ

明日はヨルイチ

明日はいよいよ「ヨルイチ」ですよ!

今年も、桧原村の自家製酵母パン屋さん「たなごころ」さんが
出店なさるみたいです。
 →出店場所はコチラのページで確認を。

両親も、「みのむし工房」として仏像彫刻の展示・販売を行います。
場所は、「青木屋」さんです。
武蔵五日市駅から桧原方面に向かって右手側の通り、
五日市警察署よりも少し手前になります。
(毎月開催している五日市朝市の「陶器のむらやま」さんより、
ちょっぴり駅寄りです。)
 →出店者マップはコチラです。

もしよかったら、ぜひお立ち寄り下さいね。
[PR]
by fumiyo_n | 2010-08-27 07:54 | いろいろ

山と角

b0155794_772776.jpg
定番の食パンを焼きました。

山と角を1本ずつ。

山食の方は、一山ずつお嫁入り。
角食の方は、夫のお弁当に。

作るたび思いますが、
やっぱり、食パンって大好き。

何の飾り気もなく、窯延び重視の配合というわけでもない私の食パン。
けれど、何度食べてもあきることがない。
そして、しっかりと食べ応えがある。

ごはんのような食パンを目指して作ったレシピです。
[PR]
by fumiyo_n | 2010-08-27 07:14 | パン

コメント欄のこと

このごろ、日々コンスタントにブログを更新できないことが多くて、
そうすると、コメント欄に迷惑コメントが書き込まれていても、
しばらく気づけないのが気がかりでした。


どうしよう・・・

みんなも、目に入ると不快だよね・・・

文字や言葉の持つ力って、とても大きいと思うので、
意識して読まなくても、
視界の隅に飛び込んでくるだけでも、なんだかイヤだよね・・・
(私の考えすぎ??)


しばらく悩んでいましたが、当面はコメント欄は無しでいくことにしました。

コメントをいただけるとやっぱり嬉しいし、やりとりは楽しいので、
それを無くすのは後ろ髪引かれるような思いもあるのですが・・・
自身で管理できないのであれば、しばらくは見合わせようかと。

ご理解いただけると、ありがたいです。

また、突然復活させることもあるかもしれませんが、
その時は、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by fumiyo_n | 2010-08-24 07:27 | いろいろ

オーガニックベース アドバンスコース(第3回)

b0155794_645227.jpg
オーガニックベース アドバンスコースの3回目のクラスに行ってきました。

まだまだ暑い今の季節。
けれど、日は確実に短くなっているし、
朝晩は涼しさを感じる日も多くなって、
季節は少しずつ秋に移り変わっていますよね。
・・・とはいえ、今年は特に暑い!!

そういう時期を快適に乗り切りやすくなるようなポイントや、
夏の暴飲暴食で身体に溜め込んでしまった不要物を、
うまく排出・浄化するポイントなどを、教えていただきました。
私自身のことも、夫のことも、「うわぁ~、心当たりがある!ある!」
ということがたくさんあって、ヒヤリとしつつも、
これから挽回しようと心に誓いながら、典子先生のお話を聞いてきました。

調理実習は、トルティーヤを使ったものや、
玄米を食べづらい時でも食べやすく感じるような汁ごはんとか、
お味噌汁すら食べづらい時に取り入れやすいようなスープとか。
きんぴらも、夏向きのものを教えていただきました。

この夏は、もう暑くてたまらなくて、
短時間調理、火をあまり使わないものに・・・となりがちだった私ですが、
今回のコトコト煮込んだスープが美味しく感じたことといったら!
素材の甘み、トロミ・・・
きっと、こういうものを欲していたのでしょうね。

こういうことって、自分だけで料理していると、なかなか気づけない。
本からもレシピを学ぶことはできますが、
こういう気づきに出会えるっていうのは、
足を運んでクラスに参加する大きなメリットのように思います。

来月のクラスも、楽しみです。
[PR]
by fumiyo_n | 2010-08-24 07:10 | ならいごと

染めたもの

b0155794_16342235.jpg
先日染めたものたち。

Tシャツ&ポロシャツ。
タオル。
手ぬぐい。

染めた後で水洗いして、陰干しした状態です。

手ぬぐいは、お気に入りの鳥獣戯画の絵柄のものも染めてみました。
だいぶ年季が入った感じになってきたので、
これ以上手ぬぐいとして使うのはどうかな・・・と迷っていたのですが、
藍で染めたら、新たな風情が加わって、なかなかよさげです。
絵柄は目立たなくなったものの、落ち着いてそれもまたよし。

もしかしたら、始めのうちは少し色落ちするかもしれません。
しばらく使い込んだら、若干色合いが変わってくるのかも。
どんな風に育っていくのか、楽しみです。
[PR]
by fumiyo_n | 2010-08-23 16:41 | ならいごと

藍染

b0155794_10473776.jpg
五日市に、藍をご自身で育てて、生葉で染物をなさっている方がいらっしゃいます。
ご近所さんにお誘いいただき、体験させてもらいにうかがいました。
ご好意に甘え、今回は母も一緒。
母も、こういうのが大好きなので、親子でこの日を待ちわびていました。

おうちに到着したら、まずは、枝から葉を取り分けます。


b0155794_10475534.jpg
藍の葉って、初めて見ました。

何年か前に、染物工房で藍染め体験をしたことがあるのですが、
その時は既に染められる状態にスタンバイされていたので、
こんな風に始めから参加するのは初めて。
一から(といっても、既に、畑で葉を収穫してきて下さっていたのですが)
体験できるなんて、嬉しくて、ワクワクしました。


b0155794_10481141.jpg
葉を包丁で粗く刻み、水と共にミキサーに20~25秒程かけて
(水は葉を入れた状態で、ミキサーの8割くらいまで入れていました)、
それをバケツに濾します。
濾すのには、ストッキングを二重にしたものを使用していました。

ストッキングに溜まった葉も、ギュウーーッと絞って、エキスを出します。
これは、かなり力がいる様子(ごめんなさい、私は見ていただけ・・・)。

そして、出来上がった液体に苛性ソーダとハイドロを入れて混ぜます。
生葉だけだと、シルクやウールしか染まらないのですが、
苛性ソーダとハイドロを入れると、綿でも染まるのだそうです。

時折、底の方から混ぜていると、
藍色の液が、少し緑がかってきます。
そうしたら、染め始めても大丈夫とのこと。

染めたいものを、水にムラなく浸して、ギュッと絞ってから、
この藍の液体に沈めます。
表面に出てこないように、棒で抑えたまま、しばらく放置した後、
何回かジャブジャブと上下させてから、絞って引き上げました。

この時点では、いわゆる葉っぱ色といいますか、緑色に染まっています。


b0155794_10483497.jpg
それを、日光に当たるように、空気に触れるようにしばらく干し広げておくと、
見る見るうちに、空色に(写真は、母が染めたテーブルクロス)。

藍は、発酵させたもので染めると、よく見かける藍色になりますが、
生葉で染めると、きれいな水色、空色に染まるんです。
まるで、その日の夏空のようで、嬉しくなります。


b0155794_10484864.jpg
母は、日傘も染めさせてもらっていました。
もうだいぶ日に褪せてしまったものだったのですが、
こうして染めると、まるで生き返ったかのようです
(早速、帰り道は、嬉しそうにさしていました)。

私の染めた作品は、夫のTシャツ、タオル、手ぬぐいなど。
写真に取り忘れてしまったので、今度、載せますね。
自画自賛ながら・・・なかなか素敵なできあがりだと思います。


お誘いくださったご近所さんと、藍染をさせてくださったご夫婦には、
感謝の気持ちで一杯です。
楽しい一日を、どうもありがとうございました!
[PR]
by fumiyo_n | 2010-08-22 11:14 | ならいごと

残暑のお楽しみ

b0155794_8124914.jpg
8月の後半はレッスンもなく、のんびり。

家族の好きなパンを作ったり(写真はフォカッチャ)、
好きなだけ本を読んだり、
今まで後回しにしていた部分の片付けをしたり、
たまにはお出かけしてみたり・・・と、
気ままに、マイペースで(いつもそうですが)、残暑を楽しみたいと思っています。

最近、私は和菓子の世界に夢中。
その美しい意匠、技法、歴史、季節感・・・
和菓子の存在そのものに、魅了されてしまった感じがします。

といっても、食べる方というよりも、今は本の世界にどっぷり浸っていて、
和菓子に関する本を、あれこれと興味深く読んでいます。
そうして、「あぁ、これを食べてみたい」とか、
「いつか○○に旅して、このお店で、××を食べてみたい」なんて、
想像(妄想?)しています。

・・・あ!結局は食べる方につながっていますね。

今、虎屋の赤坂本店 2階にある虎屋文庫で、
「和菓子の歴史」展が開催されているのです。
近いうちに行ってみたいなぁ・・・と思っています。

その時は、もちろん、地下1階にある虎屋菓寮で甘味を楽しんでくるつもり。

いつ行こう??
楽しい残暑のお出かけ予定です。
[PR]
by fumiyo_n | 2010-08-17 08:32 | いろいろ

朝市の御礼&9月のレッスンについて

昨日の五日市朝市は、とーっても暑い中、
足をお運びいただき、ありがとうございました!
Plusパン、お口に合うと嬉しいです。

朝市へ向かう時の私達の荷物は、パンでいっぱいでしたが、
帰りは、朝市で買い求めた新鮮なお野菜や果物でいっぱいでした。
夕ごはんに早速食べましたが、どれも味がギュウッと濃くて、
美味しかったですよ!


さて・・・
話しは変わりますが、9月のレッスンについてのお知らせです。

お申し込みについては次のようにさせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

 ・ HPに9月のレッスン開催日をアップしました
   (9月はめずらしく(月)、(火)の開催日がありますよ)。

 ・ 8/18(水)~ 今月&先月&先々月(つまり8、7、6月)に
   いらしていただいた(もしくは、これからいらしていただく)
   お客様からのお申し込みを承ります。

 ・ 8/20(金)~ どなたからのお申し込みも承ります。

 ・ もし可能でしたら、第一希望、第二希望・・・というように、
   レッスン日を複数あげていただけると、とても助かります。
   お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

ご都合が合いましたら、ぜひいらしてくださいね。
お待ちしております!
[PR]
by fumiyo_n | 2010-08-16 08:27 | パン教室

季節のパンレッスン「さつまいものエピ」

b0155794_10151713.jpg
9~10月の季節のパンレッスンは、「さつまいものエピ」です(HPも更新しました)。

旬のさつまいもを、玄米粉を配合した和の香り漂う生地に合わせました。
ノンシュガーなのに(白砂糖不使用なだけでなく、他の甘味料もゼロです)
滋味豊かな甘みがある、Plus流 秋のおやつパンです。

エピについては、レッスン中に召し上がっていただくパンとして
何度もお出ししているのですが、
ありがたいことに、毎回ご好評いただいていました。
お出しした時に質問があった場合は、成形方法を簡単にご紹介していましたが、
皆さん、「へぇ~、そんな風に作るんですね!!作ってみたい!」と、
とても関心が高いご様子だったので、いつかご紹介したいな・・・
と思っていたパンなのです。

いつもは、ゴマプチ生地(基本のパンレッスン Lesson2の生地)
をベースに作ることが多いエピですが、
せっかくの機会なので、他の生地もご紹介したいと思い、
今回のレッスンでは、玄米粉を配合した生地で作ります。

この生地は、和の素材にピッタリ!
さつまいもだけでなく、
キンピラやヒジキ煮といった和のお惣菜のエピにしても相性がいいですよ。

おうちでアレンジする際、洋の素材を合わせる時は、
ゴマプチ生地をベースにしてみると全体としてのまとまりがいいと思います。
フィリングによっては、ライ麦入りの生地にするのも美味しいですね。

合わせるフィリングによって、お惣菜パンにも、おやつパンにもなるエピ。
おうちパンのバリエーションに加えていただくと、何かと活躍してくれるはず。

ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ、秋のPlusにいらして下さいね!
[PR]
by fumiyo_n | 2010-08-12 10:41 | パン教室