ちいさな宝箱

plus234.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

お誕生日のケーキ

b0155794_1744087.jpg
お誕生日の話の続きですが・・・

ケーキは、誕生日当日の分は、スポンジケーキを焼いて、生クリーム+いちご&バナナをはさみ、仕上げにいちごをのせたものを作りました。作り慣れないので、だいぶ不恰好ではありましたが・・・ザ・お誕生日ケーキみたいな感じのものにしてみました。娘がよく読む絵本『ノンタンのたんじょうび』に出てくるような感じのものが、一番喜ぶんじゃないかな、と思って。

スポンジを焼くところまでは家で行い、あとは実家に行って仕上げました。
大好きなじいじ&ばあばにも一緒にハッピーバースデーを歌ってもらい、娘はとっても嬉しそうでした。ケーキの上の2本のロウソクの炎も、上手にフゥーッと吹き消していました(親バカながら、感激しました)。


そして、翌日。
翌日は、弟夫婦が実家に遊びに来ることになっていたので、またもやケーキを焼きました(写真のもの)。弟のお嫁さん、夫、娘の3人が2月生まれなので、恒例の合同お誕生祝いです。


b0155794_1745676.jpg
この日は、ヴィーガン仕様のアーモンドタルトを作りました。
りんごとバナナをのせてたタルトは、コクのあるアーモンドクリームが好評で、ホッと一安心。


それにしても・・・
月日が経つのは、ほんとうに、ほんとうに、あっという間。
もう2年も経つのね。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-02-25 11:04 | おやつ

お誕生日の飾りつけ

b0155794_1655387.jpg
先日、2歳のお誕生日を迎えた娘。

こっそりと、折り紙で飾りを作っておいて、当日の朝、まだ娘が眠っているうちに大急ぎで飾り付けました(前の晩は、寝かしつけながら私も寝てしまったので・・・)。

実は、去年はこんな風に飾りつけたりしなかったのですが、友人がお子さんの誕生日にとっても素敵にお部屋を飾り付けていたので、今年はまねっこしてみたのです。


b0155794_16552271.jpg
目を覚ました娘の喜びようといったら!

「あたらしいね!」 ←確かに。昨日まではこんな飾りはなかったからね。最近、目新しいものを見つけると、このセリフをよく言います。

「おかあさん、じょうずにつくったねー。」 ←私が作ったって、わかっちゃうのね・・・

なんていいながら、何度も頭上を見上げていました。

こんなに喜んでくれるなら、来年はもっと頑張って飾りを増やしてみようかしら。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-02-23 10:54 | いろいろ

にんじん蒸しパン

b0155794_16391120.jpg
またまた、あこ酵母で蒸しパン。

今回は、すりおろしにんじんをたっぷり入れてみました。
野菜をあまり食べない娘に、少しでも食べて欲しい・・・という気持ちを込めて。

とってもきれいなにんじん色の蒸しパンになりました。


b0155794_16491351.jpg
これだと、喜んで食べてくれます。
「むしぱん、だーいすきー!」なんて言いながら。

早く、にんじんそのものも食べてくれるようになるといいなぁ・・・
[PR]
by fumiyo_n | 2013-02-22 16:39 | おやつ

りんご

b0155794_16355455.jpg
友人が届けてくれた、お手製のりんご煮。

こんなにかわいいハンコを押した付箋が貼られていました。
もちろん、このハンコもお手製。
あまりにかわいいので、付箋として私の手帖で活躍中です。

りんご煮は、娘がとっても気に入って、あっという間に食べてしまいました。
とっても、とってもやさしい味がしました。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-02-21 16:39 | いろいろ

アイスボックスクッキー

b0155794_13482421.jpg
ちょっと時間が空いた時に、アイスボックスクッキーを仕込んでおくと・・・


b0155794_1349178.jpg
甘いものが食べたいなぁ・・・という気分になったときに、「あ!あれがあったっけ!」となります。

少し先の未来の自分への、ささやかな贈り物みたいなもの、かな。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-02-18 13:47 | おやつ

わが家のなめたけ

b0155794_13393337.jpg
時々作る常備菜。なめたけです。

なめたけを作るようになったきっかけは、深澤暁子さんの『マクロビオティック ベースカフェの野菜のこんだて ~ソースがあればおいしい、簡単。~ 』なのですが、その後、他の方の作り方も参考にさせていただいたり、好みの味に調整したりと何度も作るうちに、いまやわが家好みのなめたけに。

そのままご飯にのせて食べるのはもちろん、おむすびの具にしたり、納豆と合わせたり、パスタや野菜に和えても美味しいのです。
冷蔵庫で1ヶ月くらいもつので、重宝します。


b0155794_13444230.jpg
できたてのなめたけは、ツヤツヤッとして、とってもきれい。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-02-16 13:39 | ごはん

レーズン蒸しパン、柚子蒸しパン

b0155794_1333453.jpg
ある日のおやつ。
もはや定番かな?あこ酵母で作る蒸しパンです。
蒸篭の蓋を開ける瞬間は、何度作っても心が弾みます。

今回は、レーズン入りと柚子マーマレード入りの2種を作りました。


b0155794_13345322.jpg
娘には、大好きなレーズン蒸しパンを。


b0155794_13353528.jpg
私は柚子の方を食べました。

温かいうちだときれいには切れませんが、そんなことは気にせず、湯気が立ち上るうちにハフハフしながら食べるのが、一番美味しいのです。おうちで作るからこそ、ですよね。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-02-15 13:32 | おやつ

お雛様を飾りました

b0155794_13152960.jpg
先日、実家の両親が、お雛様を飾りに来てくれました。
そういえば、去年はお雛様を飾るのに間に合わせるよう、和室の壁を塗りなおすのに必死だったっけ・・・と、たった一年前のことなのですが、すごく時間が経ったことのように思い出しました。

去年、今年と私も一緒に飾りましたが、ひな壇の組み立てなどからして、まだまだ、とても自力では飾れそうもありません。

娘は去年よりも、ぐんと積極的にお手伝い。
飾っている最中に毛氈を引っ張ってはずしたり、箪笥の引き出しを全部出したり、ひな壇に登ろうとしたり、おままごとの道具を一緒に並べてみたり・・・と、まめまめしいことこの上なし。

これから雛祭りまで、お雛様たちが無事でいてくれることを、切に祈ってしまいました・・・

とはいえ、私も小さい頃にひな壇に登ってしまい、棚板を曲げてしまったそうなので、娘のことをとやかく言うことは、あまりできないのですが。


b0155794_1321193.jpg
居間の茶箪笥の上には、土鈴のお雛様を。
ちょこんとお座りになった姿が、なんとも微笑ましい。


まだ寒い日が続くのでしょうが、お雛様は、暖かな春がすぐそこまで来ていることを、感じさせてくれます。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-02-14 13:14 | いろいろ

親子でクッキー作り?

b0155794_1362072.jpg
すりおろした生姜やスパイスを入れたクッキーを焼きました。
私にしては、かなりスパイシー。
今回は四角形にカットして焼いてみました。

クッキーがビンに入った姿は、何度見ても、なんだか嬉しい気持ちに。


b0155794_1381928.jpg
クッキー作りをずっと見ていた娘に、ダンボールをクッキーと同じくらいの大きさの四角形に切って、「ほら、クッキーだよ」と言って渡したら、すごく嬉しそうな顔をして、おままごとのトレイに並べ始めました(このトレイは、お盆にもなるし、オーブンの天板にも変身します)。
そして、しきりに「どうぞ!どうぞ!」と試食をすすめてくれました(お茶もいれてくれました。あ、おままごとのですよ)。

もうちょっと大きくなったら、本物のクッキーを一緒に作ろうね(今だって、私が工夫すれば一緒に作れると思うのだけれど。後片付けのことなどを思うと、ついつい「見ているだけね」としてしまう・・・)。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-02-13 13:05 | おやつ

2013年味噌仕込み(麦麹)

b0155794_1241141.jpg
日曜日、お味噌を仕込みました。
今年は麦麹で大豆2kg、玄米麹で大豆1kgを仕込む予定なのですが、まずは麦麹で大豆1kg分を第一弾として(写真はつぶした大豆と麹+塩を混ぜたところ)。

しっかり浸水させてふっくら膨らんだ大豆を、お鍋で沸騰させること10分。その後、鍋帽子を被せて4時間程して様子をみてみたら食べられるくらいにはやわらかくなっていたのですが、お味噌を作るには硬いなぁ・・・という状態だったので、再び沸騰10分→鍋帽子で保温してみたところ、簡単につぶせるくらいにやわらかくなってくれました。
やわらかくなるまでずっと火にかけて作るのに比べて、鍋帽子を使うと、火にかける時間はうんと少なくて済みました。
保温調理の時間はかかりますので、トータルではそれなりに時間はかかるのですが、その間、火にかけているわけではないので、その場にいなくても大丈夫ですから、時間をうまく逆算して仕込めば全く問題ナシです。

やわらかくなった大豆をつぶしていたら、娘が、「おかあさん、なにやってるのー?」とそばに寄ってきて、つぶした大豆を食べたがったので、ちょっとだけつまみ食いを(おしゃべりがグングン上手になってきて、日々驚かされています。最近ではこんなことまでお話するようになりました。そうそう、以前は「かあたん」だったのが、いつの間にか「おかあさん」と言うようになりました。ちなみに、お父さんのことは「うんたん」と呼んでいます。たまに、「おとうさん」とも呼んでいますが・・・何で「うんたん」なのかは、誰にもわからず)。


b0155794_12411548.jpg
甕に詰めるのは、夫が担当(私はこの作業がどうも苦手)。


b0155794_12412899.jpg
大豆さえ煮あがっていれば、後の作業は結構、あっという間。

蓋に仕込んだ日付と、麦麹と記した付箋を貼って、大きなビニール袋に入れたら仕込み終了です。

残りの麦麹(大豆1kg分)と玄米麹(こちらも大豆1kg分)は、近いうちにまた。
甕が大豆1kg分のお味噌を仕込める大きさであること、鍋帽子を被せることができる一番大きなお鍋でゆでられる大豆が1kgくらいということもあって、残りも大豆1kg分ずつ仕込もうと思います。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-02-12 12:40 | 保存食