ちいさな宝箱

plus234.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

いちごジャム

b0155794_16481513.jpg
程ほどに甘く、酸味もややあり、といった小粒ないちごが手に入ったので、ジャムにしてみました。

いちごのヘタをとっていると、いちご好きな娘が早速隣にやってきて、「たべたーい!」と連呼。美味しそうなのを選んで、お口にパクリとさせてあげること、1回、2回、3回・・・何回したかしら??
ひととおりヘタを取り終わってもまだ食べたがる娘に、「これはジャムにするんだよ」と言っても、「じゃむはいらない。いちご、たべたーい!」と言ってごねる、ごねる・・・

最後の一個ねと言って、後は甜菜糖をまぶしてしまったら、ご機嫌ナナメになってしまいましたが、完成したジャムを見たら、今度は「ジャムたべたーい!」を連呼。
ジャムが何だか、いまひとつピンときていなかったのね。


それにしても・・・いちごジャムを煮ている時の香りって、春の香りのひとつだと思います。換気扇を回すのを、しばらくためらってしまいました。

そうそう、今回のいちごジャムは、短期間で食べきってしまおうと思って、お砂糖はかなり控えめ。そして、フレッシュな感じを残したかったので、クツクツ煮るのも控えめにしました。いちごの形がコロンと残って、とても可愛らしい仕上がりに満足です。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-03-29 16:48 | 保存食

誕生祝いタルト

b0155794_16412513.jpg
お義父さんの誕生日のお祝いに、タルトを作りました。
手前がアーモンドクリーム+あんずのタルトで、奥がココアクリーム+バナナのタルト(写真はバナナをのせる前のもの)。
大人7人、子供5人の計12人が集まるので、1台では足りないかも・・・と思って、2台作成。

かなり濃厚なタルトなので、食後には重かったかな・・・というのが、私の所感。
みんなで集まると手巻きになることが多いのですが、手巻きって、ついつい食べすぎでしまい、もう、本当にお腹いーっぱいになるまで食べちゃうんですよね。

来年は、もっと軽めのケーキを用意しようと思ったのでした。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-03-28 16:48 | おやつ

やたら

b0155794_102627100.jpg
最近の私の好物、やたら。
本物とは、ちょっと違うかもしれないので、やたら風のもの、というのが正しい言い方かもしれないけれど。
最近読んだ本(飛田和緒さんの本と、伊藤まさこさんの本)にたてづづけに出てきたので、なんだか食べたくなって作ってみたら、今の私にピッタリだったのか、とっても美味しく感じたのです。

やたらは、信州で夏によく作られるもので、おつけものと、夏野菜を細かく切ってまぜたもの(醤油少々で味を調える場合もあるよう)。飛田和緒さんの本によると、オクラやえのきのような、ヌルッとした食感のものを入れると、美味しくまとまるのだそう。

私のは、おつけもの+きゅうり+えのき(茹でてから細かく刻む)+醤油少々、なので、やたらの簡易版みたいな感じかな?
それでも、熱々のごはんにのっけたり、お豆腐にのっけたりして食べると美味しいんですよ。仕上げに、もみのりやゴマをパラリとするのもおすすめ。

夏本番がきたら、夏野菜をたくさん刻んで作ってみたいです。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-03-26 10:25 | ごはん

”角”食とはいえ・・・

b0155794_1035830.jpg
このごろ、家族用のパンといえば角食かプチパンを焼いてばかり。
食パンは以前からよく焼いていましたが、最近になって、ハード系のプチパンではなくて、ソフトなプチパンの魅力に開眼したところ。プチパンって子供が手にとって食べやすいし、食パンにはない、クラスト(皮)の魅力を感じます。

写真の角食は、最終発酵をもうちょっととったほうがよかったね・・・という仕上がりですが、”角”食とはいえカクカクに角が尖った角食よりも、角が出すぎていない、ホワイトラインがしっかりあるタイプの方が好きな私としては、合格ラインかな・・・といったところ。

教室をやっていると(今はお休み中ですが)、いろいろな種類のパンをお教えしたいと思う一方で、おうちで家族や親しい人に作るパンならば、家族好みのパン生地数種と、アレンジのポイント、家庭でラクに美味しくパン作りをするポイントなどが押さえられれば、それが一番なのでは?そういうことをお伝えしていきたいな、なんて思ったり。

おうちで作るパンは、パン屋さんのパンとは違う魅力がありますよね。
作る過程を楽しむということもありますし、自分好み、家族好み、親しい誰かの好みなどを考えて作れるということもあります。材料も自分の目で選べますし、オーブンからただよう香りなんて、手作りするからこその贅沢だとも思います。

まだ再開の目処は全くたっていないのですが、おうちでパンを作る喜びを、もっと伝えたれたらいいな。家族がパクパクとパンを食べてくれる様子を見ながら、ふと、そんな風に思ったりしています。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-03-25 10:03 | パン

春の花々

b0155794_9533864.jpg
暖かくなってきて、草花たちもいっきに成長しましたね。
散歩をしていても、あちこちでお花が咲いているので楽しいです。
娘に、「ほら、ここを見てこらん。お花がさいているよ。」などと話しながら歩くことが多いので、最近は、娘の方から「おかあさん、みて!おはな!」などと教えてくれることも(でも、特に花が咲いていないこともあり・・・どうやら、そのセリフを言ってみたいだけ、ということもあるみたい・・・ふふふ)。

写真は、ムラサキダイコン(ムラサキハナナ)。
すっごくお水を吸います。
気遣ってあげないと、あっという間にお水がなくなっちゃうほど。

なんてことない、よく見かける花だけど、とってもかわいいんですよ。


b0155794_9535640.jpg
こちらは白い沈丁花(ジンチョウゲ)。


b0155794_95498.jpg
こちらはピンクのほう。

どちらも、活けた時には蕾でしたが、この暖かさであっという間に花開き、香りも強くなりました。

いずれのお花も実家の庭からもらってきたものです。
わが家の庭にも、もっとお花を増やしたいなぁ・・・
[PR]
by fumiyo_n | 2013-03-23 09:53 | いろいろ

穀物コーヒーゼリー

b0155794_9371443.jpg
ふと気がついたら、前回の記事から1週間くらい空いてしまいました。

このごろは、身辺整理・・・というといささか大袈裟かもしれませんが、出産前に片付けられるものは片付けておこうと、ちょこちょこと処分・整理整頓をしたり。また、出産予定日の少し前から産後にかけて実家に一家でお世話になる予定なので、そのための荷物を少しずつ準備したり。赤ちゃんの服なども用意したり(実はまだ性別がわかっていないので、生成りや黄色系の手持ちの赤ちゃん服を中心に)。

そんなこんなで、朝のうちに家事を終わらせ、朝食後に娘と遊びつつお片づけや荷造りなどをして、午後はお布団でゴロンとして娘に本を読みながらお昼寝の寝かしつけをしつつ、私の方が先に寝てしまったり(妊娠後期になると、夜中に目が覚めたり、そのままなかなか寝付けなかったりしませんか?私は娘の時もそうで、今はそれほどではないけれど、日によってはそんな感じなので、日中、クーッと眠くなることがわりとあるのです)。
こんな日々をおくっています。

娘と二人で過ごす時間も、あと少しなんだなぁ・・・と思うと、とても愛おしく大切なひと時のように感じます。たっぷり、たっぷり、甘えさせてあげよう、と。



さて、上の写真は、先日作った穀物コーヒーゼリー。
そのものには甘みはつけずに作って・・・


b0155794_937281.jpg
食べる時に、豆乳+メープルをかけて。

先日も書きましたが、暖かくなってきて、寒天おやつが美味しく感じます(でも、このゼリーは娘には大人すぎたみたいで、不評でした・・・そうだよね。ごめんね・・・)。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-03-22 09:52 | おやつ

わが家のトマトソース

b0155794_14212263.jpg
先日、時々作る常備菜としてなめたけを紹介しましたが、これもわりとよく作る常備菜(・・・という名で呼んでいいのかな?常備ソースといったところなのだけれど)。トマトソースです。

みじん切りにした玉ねぎ 中1個を多めのオリーブオイルでよく炒めてから(最近は、オリーブイルと菜種油を半々くらいにすることが多いです)、トマト缶(ホール) 一缶、塩、にんにく醤油、エルブ・ド・プロヴァンスを加えて、クツクツとしっかりめに煮詰めるだけ。時々、お味噌を少し入れることもありますし、夏場、完熟トマトが手に入る場合は、缶詰でなくフレッシュなトマトで作ることも。にんじんをみじん切りにして加えることもあります(夫にも、娘にも、もっと野菜を食べて欲しい・・・という妻心、母心です)。
熱湯消毒したビンに入れて、冷蔵庫で保存すれば、2週間くらいは大丈夫です。

これがあると、ピザやパスタが気軽に楽しめて、重宝しています。冷蔵庫に、このビンがあると、心強い。

そうそう、トマトソースはいつもこのビンに入れることにしています。たしか、もとはソイマヨネーズのビンだったと思うのですが、開けやすく、しかも、ちょうど私が作る一回分のソースが入る容量なのです。どうしても蓋に匂いが残りがちなので、同じビンにした方が、気持ちよく使えるということもあるのですが。


・・・なんてことを書きつつも、4月の出産を控え、そろそろ、冷蔵庫・冷凍庫や食材ストック箱の中身を少しずつ整理することも考えておきたいところ。産後、1ヶ月程は娘の時と同様に、一家で実家にお世話になるつもりなので。

そんなわけで、これがあると安心!という常備菜やソースですが、作り過ぎないようにしないとね(それと、悩ましいのは酵母ですね・・・いつまで、どの程度の量を起こしておこうか、というのが悩みどころ)。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-03-15 14:21 | ごはん

小さな置時計の塗り替え

b0155794_14142784.jpg
先日、母が遊びにきて、娘と遊んでいるちょっとの時間に、小さな置時計を塗り替えてみました。

ササッとやすりがけして、お馴染み?太田油脂株式会社の「匠の塗油・久米蔵色」で塗装。
小さなものですので、ものの30分くらいでしょうか。

もともとは、いわゆるナチュラルカラーという感じの明るめの色合いでしたが、それよりやや濃い目の、落ち着きのある色合いに。やすりがけが甘かったのか、それとも木質のせいなのか、思ったほど、発色しませんでしたが、雰囲気は好みの感じに変わってくれたのでよし、と。

台所の窓のところに、ちょこんと座って、いつも私に時間を教えてくれる相棒です。もう、結構長い付き合いなはず。これからも、よろしくね。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-03-14 14:14 | おうちづくり・DIY

蜜蝋クレヨン

b0155794_140388.jpg
娘のお絵かきの友は、シュトックマー社の蜜蝋クレヨン。
去年の暮れぐらいからかな?愛用しています。

するするっとした描き心地がとてもいいクレヨンです。一番小さな8色入りのものを使っていますが、どれも発色がクリア。娘もお気に入りのクレヨンですが、実は私もお気に入りなのです。


b0155794_1402117.jpg
初めのうちは、線だけ、点だけだったのが、お誕生日の前後くらいだったかな?、丸が書けるようになっていて感激しました(どうやら、夫が教えたみたい)。
以前、近くの保育園の先生からうかがったのですが、丸が描けるというのは、始点と終点を意識することができるようになったということで、そのことにより、描ける世界がグーンと広がるのだそうですよ。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-03-13 13:57 | いろいろ

お茶会

b0155794_1345211.jpg
昨日は、友人親子たちが遊びにきてくれて、お茶会をしました。
それぞれ、おやつを持ち寄って。
こういう時って、不思議と、おやつの種類が重なることはないんですね。どれもそれぞれの美味しさがあって、ついつい食べ過ぎてしまいました。
近況や子供のことなど、話はつきず、本当にあっという間の数時間でしたが、楽しかった~!

ちなみに・・・私が用意したのは、自家製玄米甘酒の寒天よせ(甘夏入り)と、干し芋(これは、弟夫婦からのいただきもの。しっとりして、甘くて美味しい)。
昨日はあいにく寒さが戻った感じでしたが、ここのところ、暖かな春を感じさせる陽気が続いたせいか、さっぱりした寒天が食べたくて、久しぶりに寒天よせを作ってみたのでした。

そうそう、甘酒は、鍋帽子を使うと保温がとっても簡単でした。
地元に満寿屋(ますきや)さんという麹屋さんがあり、これまでも、時々、麹を購入していましたが、甘酒作りがより気軽にできるようになったので、これからますますお世話になりそうです。早速、次の麹の予約の電話をしました(この時期は、まだ味噌の仕込みの関係で予約がいっぱいみたいで、受取は2週間先になってしまいましたが・・・それまでは、他の寒天スイーツをあれこれ試してみようと思います)。
[PR]
by fumiyo_n | 2013-03-12 13:57 | おやつ